New Jack Swing Dancer Interview Vol.1 -Mankey (前編)-

記念すべき第一回目は、SwingMenBrothers、ホーシングGuyzからMankeyさんです!


前編・後編に分けてお送り致します。

MankeyさんProfile・Lesson Infoはこちら
旧Blog MANKEY武勇伝はこちら

-Mankey武勇伝の始まり-


NJSC:
Mankeyさんが、ダンスを始めたきっかけを教えて下さい。

Mankey:
当時、俺は千葉県の柏に住んでいたんだけど、最初は、筑波のディスコで始めたんだよ。

クラブに車で行ってたから、18才の頃にダンス始めたんだろうね。
筑波のEXCEL(エクセル)っていう、ディスコかな。
お祭りにナンパしに行くのに行ったのが始まり。笑
当時はエントランスで2~3000円くらい払って、フリーフード・フリードリンクで。
毎週土曜日はそこに行くんだよ。
初めて行った時に、今思えばそんなに上手ではなかったのかもしれないけど、フロアで踊っている人が凄い格好良く見えて=もててたのよ。笑
それを見て、一緒に行っていた友達と、次の日から練習だよね。笑

NJSC:
やっぱり動機はそこですよね。もてるために。笑

Mankey:
近所のマツモトキヨシの駐車場で。
仕事をしていたから、夜集まって。
毎日集まって練習してたよね。それが、遊びだからさ
それで、毎日夜集まって、練習して、土曜日にそこに行くみたいな生活をしていたよね。

NJSC:
Mankeyさんがダンスを始めた頃というのは、「ダンス=New Jack Swing」、
色々なジャンルのダンサーがいるというよりは全員がNew Jack Swingを踊るといった感じですか?

Mankey:
そうだったね。
BobbyBrownとか全盛の。
皆、New Jack Swingやってたよね。

NJSC:
一番最初に覚えたステップってなんですか??

Mankey:
一番最初に覚えたのは、
ランニングマン、クラブ、ロジャー・ラビットとかだね。
東京の高校に行っている友達がいて、そういうやつらは洒落てるから(笑)、ディスコ行ったり、
ダンスしてるやつがいたんだよ。その友達に習ったり教えてもらったりしてたよ。
それやっている間に、DADAがやってるとかダンスの情報が入ってきたよね。
仲間がBobby Brownのビデオ手にいれたとかさ、真似してみたりとかをずっとやってたよね。

-DADA優勝、そしてDorD結成へ -


NJSC:
ダンスを始めた時は、既にDADAは放送していたんですか?

Mankey:
やってたやってた。
知らなかった!全然、DADAとかダンスとか全く興味なしでクラブに行ってダンスを見てかっこいいと思って始めたから、最初は何にも知らなかった。

踊り始めてから、DADAを知って、DADAを見るようになって
DADAに出たくて、優勝したくて(笑)

NJSC:
それでDADA出たのは何歳くらいの時でしょうか?

Mankey:
19歳だね。
19の時に、DADAに出て、2回目の時に優勝したのかな

ちなみに、DADAは2本撮りなんだけど、一回目俺が優勝して、俺の次が陽之助(DorD)だったんだ。

NJSC:
お~DorDがそこに!
と言うことは、ダンス甲子園に出ていたのとDADAに出られたのは、同時期ですか??

Mankey:
いや、DADAにでたのはDorDの前だね。

その時は、お互い知り合いじゃなくて。
陽之助とか当時めちゃくちゃオシャレで、収録をマハラジャでやっていたんだけど、収録とかタクシーで来ちゃうみたいな。笑

NJSC:
かっこいいですね。笑

Mankey:
俺とかその時代タクシー乗るとかなかったからね。笑
タクシーでめちゃくちゃかっこいいやつ来たなとか思ってさ。

で、俺が撮り終わって見てたら、
「あ、あいつ優勝した」
見たいになってて。やっぱりって思って。

それからしばらくして、新宿のセンチュリーっていうディスコに上手いダンサーがいっぱいいるよって聞いて、それで行くようになって。

NJSC:
筑波も行きつつ??

Mankey:
筑波は土曜日に行って、
新宿には日曜日いったんだよ。
そこで、陽之助と会って、DADAで優勝したよね?って話になって話すようになったんだ。
そこから、陽之助とは仲良くなっていったんだよ。

NJSC:
中々聞けない話ですね。笑

Mankey:
で、日曜日のセンチュリーには上手な人が来てたから、
そこにできるサークルに入るのが目的だったんだよ。

NJSC:
上手い人だらけで一杯ってことですね。

Mankey:
そう、だから、初めはマツモトキヨシで練習してたのは、土曜日の筑波でもてるため。笑
その頃になると、練習目的は、日曜日のサークルに出るために練習してたよ。
毎週練習して、パターンとか作ったり色々な練習して、
「今日は入れなかった」とか、「今日は入れた!」とかさ。

NJSC:
その頃は、SAMさん(TRF)とかJUNさん(Mankeyさんのお兄さん)とかもいらっしゃったんですか?

Mankey:
うん、いたよ。
そこで、佐久間さんにダンス甲子園のオファーを受けたんだよ。
DorDがうまれたきっかけはセンチュリーだよ。


NJSC:
DorDが一番初めに組んだチームですか?

Mankey:
そうだね、最初チームとして始めたのはダンス甲子園のDorDかな。
DorDには、Rootsのシムラもいて、陽之助と元々仲が良かったんだよ。

NJSC:
そうなんですね。
先程、Junさんと久しぶりに会ったということは、ダンスのきっかけはお兄さんではなかったんですね。

Mankey:
うん、中学のころはブレイクダンスをやってるとかは知ってたけどね。
ずっとやってるかは知らなかったよ。
でも、そのセンチュリーに行き出したあたりから、会うようになって、毎週水曜日に練習会をやってるよって言うのも聞いて、行くようになったんだ。
そこで、Mark君(Zoo)とかYANAGI君(O.G.S)とかと、いわゆるGipsyの人たちと練習するようになったんだ。

そこで、覚えているのが、派手な技を覚えたことかな。笑
当時の最高峰は、ウインドミル。
誰に言われたか覚えていないんだけど、当時は縦ノリだからさ。「来週の水曜日までにウインドミル出来るようにしてこい」って。笑

NJSC:
・・・。笑

Mankey:
その次の日から、マツモトキヨシに段ボール持って行って、やり方も分からないのに練習して・・。
でも1,2週間でできるようにはしたよ。

NJSC:
さすがです。。汗

Mankey:
バック転とかも、小学校の頃のふわふわのマットでしかやったことなかったのに、「支えてやるから、ここでやってみろ」って。笑

NJSC:
緊張感のある練習会だったんですね。

-NJSからホーシング、LAスタイル、JIVEからのNYスタイルの流れ-


NJSC:
フロアを練習しだしたということは、その辺りから、New Jack Swingと並行してブレイクダンスもやりだしたんですか??

Mankey:
それを話すとまた違って来るんだけど、
それは、New Jack Swingが流行ってて、その後は、日本で言うホーシング見たいな、手や足を動かすのが流行って、
その後に、当時の俺や周りが「LAスタイル」って呼んでいた16ビートを常に刻むスタイルが流行って。
DADAで言うと、TAKUMI(DEER)みたいな。
このスタイルが流行ったんだよ。

NJSC:
ダンス・ダンス・ダンスに出てたロバートとかのような。

Mankey:
そう、でその辺りから、New Jack Swingにフロアを入れるっていうのが流行り出したんだよ。
HIROKOダンサーで
ベニスビーチで踊っている二人組とか、凄いフロア入れるでしょ?

その辺りから、流行り出したんだよ。
で、それを通称して「JIVE」って呼んでた

NJSC:
その頃に、LAに行ったんですか??

Mankey:
それはまだなんだよね。
ま、ここまでが二十歳くらいなんじゃないのかな?

NJSC:
ものすごい濃い2年ですね。笑

Mankey:
それで、ロスに行ったのは21,2才位かな。

ここまでが、スタイル的に、LAスタイルとかJIVEとかが流行った後に、東のNYスタイル、EPMDのフェンディとかが流行って、マライア・キャリーとかが流行って、エリートフォースとかALIVETVにつながるって流れかな。

NJSC:
NYスタイルって、New Jack Swingのスタイルですか?

Mankey:
そう、初めのNYスタイルってリンクとかのことを言うんじゃなくて、フェンディ達の踊りのことを言っていた。
ZOOや当時のダンサーたちは、フェンディの影響をもろに受けてただろうね。

NJSC:
フェンディ、かっこいいですよね。

Mankey:
ま、ロバート、ソウルブラザーズ、フェンディとかの流行っていったのはあくまで日本の流れだよね。
NJSからホーシング、LAスタイル、JIVEからのNYスタイルって言うのは、あくまで日本で流行った流れで。
そこから、まるっきり変わったのは、エリート・フォースやミスフィッツからだよね。

NJSC:
日本の流れは、あくまでこれだけど、実際のアメリカでの流れは分からないってことですね。

Mankey:
うん、それは知らない。

NJSC:
西にスキーム・チーム、東にフェンディ一派の流れ。

Mankey:
そうだね。
「ちゃんねるず」とかはスキーム・チームの影響を受けていたと思うよ。
元々CHINO君とかはブレイクやってたしね。
それと、HIROKOていう歌手は当時のLAのダンサーをつけていて、
ロバート、ロマイ(ファーサイド)、ベニスビーチの二人組シーモアとか相棒名はわすれたけど。
後、Herb Alpertのブラザって言う黒人のダンサーとか。
確か、Jump Streetのカラーパンツの二人組がロバートとロマイだと思うんだよね。

NJSC:
そういったLAダンサーたちで日本公演があったりしましたよね。

Mankey:
やったね、出たこともあるよ。
スキーム・チームとかもね。
カラーニ、カメレオン、etc
カメレオンとか特に好きだったね。芸術だね

あとダグス、靴のつま先に膝パッドつけて、滑るように踊ったりとかしてて遊びなのか知らないけど、かっこよかったな。

Black Eyed Peasはスキーム・チームの影響を物凄く受けていると思うよ。

ウィルはカメレオンのスタイルを真似というか、雰囲気が似ていて、かっこよかったよ。

・・・以上、前編はここまでになります。
後編もまた、お楽しみにしていてください。


Interview & Text : NewJackSwingChannel
※誤字脱字・誤った情報等、報告事項がある場合お知らせください。