アイス-Tが初監督を務めた映画『アート・オブ・ラップ』が、7月27日(土)よりシネマライズ他にて全国順次公開



チェック:カリスマヒップホップミュージシャンのアイス・Tが初メガホンを取り、ヒップホップの神髄に迫る音楽ドキュメンタリー。47人の大物ヒップホップミュージシャンたちへのインタビューを通じて、この個性的な音楽シーン誕生の背景から世界を席巻するまでの道のりを追い掛ける。エミネム、スヌープ・ドッグ、カニエ・ウェストら、注目のトップアーティストたちが続々登場。彼らの魂の叫びそのものの音楽が心に突き刺さる。

ストーリー:1980年代後半にデビューを飾り、現在もヒップホップシーンをけん引するラッパーであると同時に俳優としても活躍するアイス・Tが大物アーティストたちへの取材を行った。ヒップホップに多大な影響を与えたとされるアフリカ・バンバータらがムーブメントの始まりについて語る。そのほかにもエミネムら一流のスターたちが、曲作りの原点や名曲誕生秘話について口を開く。

出展:シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/movie/T0017615
配給: 角川書店
オフィシャルサイトhttp://www.kadokawa-sound.jp