HISTORY

New Jack Swing(NJS、ニュージャックスイング)とは
・アーティスト/プロデューサーであるTeddy Riley(テディー・ライリー)が中心となって1980年代後半(87~89)に発生・流行した音楽・ダンススタイルの総称を言う。

スラングとしてのNew Jack(ニュージャック)
・新参者、ストリートの新顔、青二才、新種の、新しい
・1980年代半ばに、ニューヨークでは用いられていたスラング。
・New(新しい)+Jack(奴)から、新顔という発想で生まれた可能性もある。
・急速に広まったきっかけは、New Jack Swingが一世を風靡したことことに起因する。
・また、アフリカン・アメリカンの映画監督/俳優のマリオ・ヴァン・ピープルズの監督/主演作品「New Jack City」がサウンドトラック盤共々、大ヒットしたことも、このスラングを流行させた。

New Jack Swingの誕生
・1970年代までのソウルやファンク、それらから派生したディスコブームが1980年代初頭に一段落した時期に、ストリートではヒップホップが勃興・台頭し、勢力を強めていく。
・こうした中、アーティスト/プロデューサーのテディー・ライリーは、ファンクにラップなどのヒップホップ的手法を組み合わせ、そこにソウルや、ゴスペル的メロディー・ハーモニーのセンスを加味することによって新たなスタイルを構築。
・テディー・ライリー自身Guyを結成、プロデューサーとしてもヒットを飛ばし、一大流行を作り出す。
・後にテディー・ライリーは、このスタイルを”New Jack Swing”と提唱した。
・New Jack Swingの、ブラックミュージック特有の重いグルーヴ感を保持したまま、同時に軽快なスピード感と親しみやすいメロディーをアピールするこのスタイルは、若者を中心に高い支持を集めた。

 


New Jack Swingが与えた影響
・ニュージャックスイングは、曲の中でヒップホップ的手法が印象的に使用された。
・特にラップを歌ものに積極的に取り入れる形は、ニュージャックスウィングの流行を通じて定着したと言っても過言ではない。
・また、ヒット曲と共にヒップホップ由来の独特なダンス(ブレイクダンス、ロッキン、ポッピンからヒップホップのベースとなるステップが見られる。)やファッション、ストリート・カルチャーがミュージックビデオなどを通じて発信され、それもまた人種を問わず熱烈に支持された。
・ブラックミュージックブームを巻き起こし、このムーブメントが、それまではR&Bチャートとはほとんど分断されていたアメリカのポップチャートにおいて、R&Bやヒップホップのアーティストが上位にランクインしてくるのが当たり前、という今日のボーダーレスな状況を生み出す原動力となる。

日本での流行
・ニュージャックスウィングは、日本でもアメリカの流行を追う形で、1990年代初期に流行した。
・ZooやClub DADAが代表的だろう。

New Jack Swingの衰退
・ニュージャックスイングの濫造のために市場から飽きられるのも早かった。
・1990年代半ばには流行も過ぎ去り、提唱者のテディー・ライリー自身もこのスタイルを踏襲しなくなっていった。
・一方で、ダンスフロアなどでの支持には根強いものがあり、再評価の動きも見られる。

・参考: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』、泉山真奈美『アフリカン・アメリカン スラング辞典